ビットコインの価値が上がる時

TOP > 賢い使い方ガイド > ビットコインの価値が上がるタイミング

ビットコインの価値が上がるタイミング

ビットコインとチャートグラフ

ビットコインは今まで順調に価格をあげてきています。ここまで価値が上がったのには理由があります。

また、これからも上がっていくのかどうか、具体的にどんな時に上がるのかについても説明していきます。

7年で15,000倍になったビットコインの価値が上がる理由

現在、ビットコインの価値は取引開始2010年から7年間で、約15,000倍になっています。

これは、価値があるとだんだんと認められてきた証拠です。認められてきた理由としては様々あるでしょう。

例えば、2,100万BTCしか市場に流通しないことになっているためインフレしないこと。

他にも、管理者がおらず、世界情勢が悪くなっても価格が下がらないことなどがあります。

これからを期待されるからこそ、価値が上がってきたのだと言えます。

2017.06.20
ビットコインは話題の仮想通貨。この記事では、ビットコインのチャートとはから見方まで詳しくご紹介!

ビットコインの生産量が減る半減期は希少価値が上がる

しかし、常にマイニングという採掘作業が行われ、市場に流通する数が増えるようになっています。

そのマイニングを常に行っていれば、上限を超えてしまうのでは?と思う方も多いと思いますがじつは上限を超える事態を防ぐために半減期というものが存在します。

4年に1度を目安にして、マイニングでの報酬、つまりは採掘されるBTCが半減するのです。

4年に1度、採掘できる数が減っていき、最終的に2,100万BTCに落ち着くことになります。

市場に出回る数が制限されるため希少価値が上がっていく

半減期では、いままで順調に増えてきた流通のペースが落ちることになります。

となると、希少価値が上がり、半減期を境に価値もどんどん上がることになります。

流通が制限されることによって、利用者が増えづらくなり、広がりづらくなってしまう側面もあります。社会的な信用を失って価値自体も下がるのではという考え方もあるようです。

しかし、現状では価値が上がっていっているようですし、今後も上がることになると考えられます。

ビットコインは中国の情勢に左右される!?

実は、ビットコインに換えられる現金の95%が、中国の人民元だと言われています。

95%が人民元ということは、中国の情勢によって、ビットコインの価値が上がったり下がったりすることになるのです。

というのも、2015年にチャイナショックが発生してから、人民元が急落しました。株価も暴落し、中国の貨幣の価値が下がってしまったことに始まります。

当時の中国人は、これ以上価値が下がる前に人民元を他の国の通貨に替えようとしました。

しかし、中国は外貨取引の規制が厳しいので、手軽に資産を海外に移せるビットコインに換えてしまおう、という思考が働いたようです。

実際に2015年から2016年にかけてビットコインの価格が上がることになりました。

中国経済の減速で今後も中国元安は続く

中国の経済がまた盛り上がると、ビットコインの価値は下がってしまうのでは?とビットコインの価値への不安を持つ方も多いと思いますが、中国経済はいまのところ減速気味。

今後も中長期的に人民元安は続くと考えられます。なので、その間はビットコインの価値が上がると考えても大丈夫でしょう。

これからはAmazonの参入や政府の後押しで価値が上がっていく

これまで価値をあげてきたビットコインですが、ここからはどうなるのかも気になるところですよね。じつは、ここから価値が上がると言える要因がいくつかあります。そちらを解説していきますね。

Amazonが参入する可能性あり

Amazonは今までクレジットカード会社に莫大とも言える手数料を払ってきました。

その手数料を減らすため、ビットコインでの支払いを導入すると言われています。

ビットコインは送金手数料が低いですし、通貨としての信用も上がってきているので当然とも言えるでしょう。

早ければ、2017年中に導入されると考えられていますので、それが確定すれば、ビットコインの価値はまた一気に高騰すると考えられます。

政府の後押しでATMや使える実店舗も増える

外国では、ビットコインのATM設置に積極的なところもあります。その国によって全く変わるものですが、ビットコインに対して、政府の後押しがあるところも少なくはないようです。

日本としても、仮想通貨法という仮想通貨を貨幣と認める法案もでき、仮想通貨に消費税がかからなくなります。このことからも、ビットコインをはじめとする仮想通貨を歓迎していることがわかります。

この歓迎には、東京オリンピックに向けて外国人が簡単にお金を使えるようにするという目的があるようです。

ビットコインが使える店が増えれば、外国人でも簡単に買い物ができ、経済効果が期待できるというわけですね。

露出が増え始めているためもっと認知度が上がる

このサイトもそうですが、これからビットコインの露出はもっと増えていくと考えられます。

そのように認知度が上がれば、興味を持つ人ももちろん増え、もっとメジャーな通貨になると考えられます。

そのようになればまた社会的信用が上がり、価値も上がっていくと言えるでしょう。

2017年以降も長期的にビットコインの価値が上がる!

中国の経済状況がいまのところ回復しないこと、また、Amazonや東京五輪などで、どんどんビットコインは広がっていくと考えられます。

確実だと保証することはできませんが、今後も長期的にビットコインの価値は上がると考えていいでしょう。

関連する他の記事

ビットコインの買い方
ビットコインは、近年注目されている仮想通貨です。この記事では、ビットコインの買い方をご紹介。意外と…
ビットコインのリスクとは?
現在非常に注目されているビットコイン。今回は、ビットコインを利用するにあたってのリスクを詳しく解説…
ビットコインで儲けるには
ビットコインは、近年注目されている仮想通貨です。ビットコインで儲ける方法を解説します。
ビットコインの価値が下がるタイミング
ビットコインは、近年に注目されている仮想通貨です。ビットコインの価値が下がるタイミングを解説します。